「横浜市こどもの美術展2023」プレワークショップを開催しました

2023.6.28

毎年恒例の子どものための展覧会「横浜市こどもの美術展2023」が7月21日~30日に開催されます。展覧会に先立ち、プレワークショップ「すてきなあおいろの紙をつくろう」を6月25日に実施しました。

今年の展覧会のテーマは「夏」。プレワークショップでは、夏の空や海をイメージして、絵具で白い紙を「すてきなあおいろの紙」にしていきます。小学1~5年生の14名が参加してくれました。

 

(さらに…)

大人のためのアトリエ講座 開催レポート:「凸凹(でこぼこ)で刷る版画・コラグラフ」

2023.5.17

講師にエデュケーターの関 淳一さんをお迎えし、紙の上に身近な素材を自由にコラージュして版をつくる版画“コラグラフ”を制作しました。

今回は、版画用のプレス機で刷るのはなく“自分の足を使って、足踏みで刷る”という方法で版画を刷りました。

※このアルミホイルで覆ったコラグラフにスポンジで彩色する一版多色刷りと、足踏み刷りは、愛知産業大学の山口雅英氏の考案によるものです。

 

(さらに…)

2022年度インターン活動(学芸系)レポート

2023.4.18

 

横浜市民ギャラリーでは、次世代の育成と体験の場を目的に学生インターンを受入れています。今回は2022年度におこなった、学芸系のインターン活動についてご紹介します。

 

※子ども向け事業については、以下の記事でお読みください。

2022年度「子ども事業・インターン活動」レポート!

 

学芸系のインターン活動は、主に収蔵作品に関連する活動をおこなう「コレクション管理補助活動」と、開催した展覧会や講座など、事業のアーカイブ構築に携わる「事業アーカイブ構築補助活動」の2種類があります。

(さらに…)

大人のためのアトリエ講座 開催レポート:「レクチャー 美術品の保存と修復 ー大切な絵画作品を後世に残すための取り組みー」

2023.3.25
2022年1月15日
横浜市民ギャラリーの大切な収蔵作品をよりよい状態に保ち、永く後世に伝えるために、お力添えいただいている修復士の上野淑美さんを講師としてお迎えし、日々専門家が行っている取り組みについてお話をうかがいました。

講座風景

(さらに…)

大人のためのアトリエ講座 開催レポート:横浜市民ギャラリー+横浜能楽堂 連携企画

2023.3.24

2022年11月、12月

横浜市民ギャラリー + 横浜能楽堂 連携企画【横浜・紅葉ケ丘まいらん協働事業】

ほどいた着物から「着物服」を制作しているアーティストの伊東純子さん(un:ten主宰)を講師に迎え、横浜能楽堂の第二舞台を会場とした、2つの講座を開催しました。

「着物をほどく」と横浜能楽堂舞台見学

ほどいた着物は、日常着や小物にアップサイクルされます。

①「着物をほどく」と横浜能楽堂舞台見学〈全1回〉 20221115日、1127

②「袱紗(ふくさ)を縫う」と横浜能楽堂舞台見学〈全1回〉 20221215日、1217

(さらに…)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 23