大人のためのアトリエ講座 「中世ヨーロッパの絵画技法でつくる羊皮紙の栞」開催レポート

2019.6.22

5月12日、大人のためのアトリエ講座「中世ヨーロッパの絵画技法でつくる羊皮紙の栞」が開催されました。


始めにスライドを見ながらのレクチャー。

羊皮紙は中世の時代にパピルス(紙)の代わりとして動物の皮を伸ばして乾燥させたものを使って作られたものです。

同じ時代に使われていた、インクタマバチの幼虫が木の枝につくる虫こぶから作った「虫こぶインク」で描きます。

レクチャーの後は、実際に羽根ペンに虫こぶインクをつけて羊皮紙にイニシャルを描きます。

細い線は、まず太い部分にインクを置き、そこからインクを引くように描くとよいそうです。

穴あけポンチで羊皮紙に穴をあけ、紐を通すと栞になります。

次にテンペラ絵具の作り方とDrolleryという13世紀に祈祷書の余白に描かれていた空想上の動物の絵についてのレクチャーを受けました。次はDrolleryを参考にしながら絵をいれて栞をつくります。

下絵を写して虫こぶインクで線を引いたらいよいよ着色です。

顔料を卵白メディウムと水で溶きテンペラ絵具をつくります。

着色します。

イニシャルと絵、1人2枚ずつ素敵な栞ができました。

羊皮紙はそのままだと波打ってしまうので、栞として本に挟んでおくと良い状態で保存できます。

ハマキッズ・アートクラブ「フェルトでつくろう」開催レポート

2019.6.21

201968

ハマキッズ・アートクラブ「フェルトでつくろう」を開催しました。

講師は宇田川純子さん、参加者は年長さんのみんなです。

フェルトに綿をつめて、まるくてふわふわのキーホルダーをつくりました。


フェルトをはさみで切るのは、はじめて!ホチキスをつかうのもはじめて!のひともみんなでやってみましょう。

好きな色のフェルトを2枚選びます。

フェルトからはみでないように上手にかたがみをおいて線をかきます。

はさみでゆっくりていねいにまるい線をきります。

ホチキスをパチンパチンとうって2枚のフェルトをつなげます。

ふくろ状になったフェルトをひっくり返して、 いよいよ綿をつめてふわふわにします。

ふわふわのまるができたら、かざりつけをしましょう。

パーツ用のフェルトをはさみできって、まるいフェルトの上においてみます。

ちょうどよい位置がきまったら、ボンドでつけます。

みんなとてもがんばって、すてきなキーホルダーができました!

カバンにつけてあるいたら、うきうきするような作品です!

ハマキッズ・アートクラブ 「えのぐであそぼう」開催レポート

2019.6.6

2019518

ハマキッズ・アートクラブ「えのぐであそぼう」を開催しました。

講師は山田佐映子さんです。

今回もたくさんの方にご応募いただき、年少から年長の親子18組が参加しました。

まずは、色をつくる練習。色水をつくります!

使うのは赤、青、黄色、白の4色のえのぐ。水にまぜるとどんな色ができるかな?

できた色水は同じ色の色画用紙をみつけて、のせてみましょう。

みんな楽しんで活動したので、すてきな色の色水がたくさんできました。

次は、大きな紙に絵をかきます。

ちゃんと先生のお話をきいてからはじめます。

今度も4色のえのぐから自分で色をつくります。

えのぐをまぜていろんな色ができることを発見したり、筆を使って大きな紙いっぱいにえのぐで絵をかいたり。

最後はそれそれのオリジナルカラーがすてきな絵が完成しました。

大人のためのアトリエ講座「人体を描く―クロッキーとデッサン」開催レポート

2019.6.1

前回に引き続き画家の清野晃代さんを講師に迎えて「人体を描く―クロッキーとデッサン」を開催しました。

初回:418

始めに短いレクチャーを受けました。イーゼルは右ききなら右側のぞきで、座った高さから自分の手を真直ぐのばした高さに画面がくるように調整すると描きやすいそうです。

2回目:425

この日はデッサンです。始めに5分ポーズを4種類描いてその中から多数決で固定ポーズを決めます。

デッサンは時間をかけてゆっくり形をみることができます。ポーズの間も清野さんがまわってひとりずつにアドバイスがありました。

3回目:52

着彩デッサンはそれぞれ画材を持ってきて描きました。

色を使ってみると立体感をつかむのが難しく感じましたが、絵としてのおもしろさがでてくるかもしれません。

4回目:59

先週の続きを描いて、最後に講評をしました。

いろいろな表現のデッサンやクロッキーが並びました。清野さんからはそれぞれの絵の良い点やアドバイスがありました。

大人のためのアトリエ講座「デッサン―立体感と質感について実践から考える」開催レポート

2019.4.11

画家の石田淳一さんを講師に迎えて「デッサン―立体感と質感について実践から考える」が開催されました。

1つのモチーフに時間をかけて向き合い、1枚のデッサンを描きます。

初回:1130

リンゴのデッサンを始める前に、コピー用紙に印刷された円の中に鉛筆で影を付けて球体を描きます。

今回はハッチングで細かく線を重ねて影を付けて、明るい部分は紙の白を残します。

1つ目の球体が描き終わったら、次の円でもう一度立体感をだす練習です。今度はハッチングの線を球体に沿ったカーブで描きます。立体が球体であることを表現できます。

次に、自分で丸を描いてハッチングで影を付けます。

目も慣れてきて細かなトーンが付けられるようになってきました。

2回目:127

先週のおさらいで球体を描きます。球体だけでなく球体が置いてあるテーブルに落ちた影も描きます。

いよいよモチーフのリンゴが登場です。

描き始める前に、リンゴを手で触ってみていろいろな角度から観察します。

画面の中心より少し下にモチーフを配置すると絵が安定します。描く大きさは実物大だと違和感がなくて良いそうです。

白い紙にどのくらいの大きさで描くか当たりを付けます。

濃く描くと後でコントロールしにくくなるので薄く描きます。

実際のリンゴには輪郭線はないのでリンゴと空間の境目を見るような感じです。

3回目:1214

リンゴのデッサンの続きです。

鉛筆を動かす時間も大切ですが、観察したり考えたりする時間も大切です。すこし手を止めてこの後どう進めるか計画を練り直してもいいかもしれません。時々自分の席を離れてほかの方のデッサンをのぞいてみるのも参考になります。

テーブルには、窓からの光と照明からの光によっていくつかの陰が見えます。

反射光があってテーブルに落ちた影よりリンゴのお尻が明るくみえたりします。

時間をかけて観察すると今まで気付かなかったことも見えてきます。

石田さんは1人ずつ丁寧にアドバイスをしていました。みなさん自分の絵を描きながら、他の人へのアドバイスにも耳を傾けて参考になったようです。

4回目:1221

前回に引き続きリンゴのデッサンです。初めは立体感を意識して描いていましたが最後の仕上げ段階なので質感も考えます。

目の前のリンゴに丁寧に向き合い自身で感じ、そして丁寧に鉛筆の線をかさねます。

線を1本引くか、引かずに白を残すかを冷静に見極めて描きます。

石田さんは「デッサンとは描いた絵が目の前のモチーフに近づいてきたという実感を得る事」と考えているそうです。

最後にデッサンを額に入れて完成です!

リンゴのつるつるした表面、赤さ、丸さ、肩がふくらんでお尻はスマートになっているフォルムなどよく観察されていて、立体感も意識されたデッサンが出来上がりました。




1 2 3 4 5 6