ハマキッズ・アートクラブ「アートリンピック スポーツを等身大アートで表現しよう!」レポート

2021.7.27

2021年7月4日、ハマキッズ・アートクラブ「アートリンピック スポーツを等身大アートで表現しよう!」を開催しました。この講座は「横浜市こどもの美術展2021」の連動企画。今年の展覧会のテーマ「スポーツ」にあわせて、アート団体のLITTLE ARTISTS LEAGUEさんを講師に迎えて実施し、小学1~5年生14名が参加しました。
つくった作品は「横浜市こどもの美術展2021」会場で展示することもあり、みんな楽しみに参加してくれたようです。


* * *

オリンピックのスポーツにはどんなものがあるかな?LITTLE ARTISTS LEAGUEの望月さんのお話を聞き、まずはどのスポーツを等身大アートで表現するか、それぞれ選びます。



好きなスポーツを決めたら、大きな白いダンボールの上にゴロン!かっこいいポーズを決めて、からだの線をなぞっていきます。小道具もつかって、スポーツの動きをうまく表せるかな?



* * *
線が書けたらいよいよダンボールをカット。
ダンボールカッターをつかって、自分のからだをギコギコ切り出していきます。



コツをつかむまではなかなか大変!1年生だって自分でがんばります。
「つかれたー」という声もちらほら聞こえてきました(笑)。


自分と同じ大きさに切り出せました!がんばった分、みんなの顔には達成感が。
切り抜いた後のダンボールのシルエットも、なんだか作品みたい!



* * *
そして最後は色塗りです。すてきな色をつけて、かっこよく仕上げよう!


絵具屋さんコーナーで使いたい色の絵具をもらい、色を塗っていきます。みんなの頭のなかには最初からイメージがちゃんとある様子。集中してどんどん筆が進みます。



色が加わると、それぞれのスポーツの動きがだんだん見えてきました。細かい部分までこだわって、「こうしたい!」という思いを形にしていきます。



そして作品が完成!スポーツの動きが見事に表現されていて、とてもすてきです!みんながとても楽しく作品をつくったことが伝わってきますね。


最後に、お互いの作品をみて感想を伝え合ったりしました。


* * *
完成作品は「横浜市こどもの美術展2021」(7月23日~8月1日)で展示しています。参加者の子どもたちも来場し、自分の作品が飾られているのを見て嬉しそうです。みんなの思いがこもった元気いっぱいの「アートリンピック」をぜひ会場に見にいらしてください!(ご来場時は2日前までにご予約ください。詳細はこちら





ハマキッズ・アートクラブ「ダンボールでつくろう!100かいだてのいえ」開催レポート 2019年7月13日

2019.8.13

ハマキッズ・アートクラブ「ダンボールでつくろう!100かいだてのいえ」を開催しました。講師は絵本作家のいわいとしおさん。小学1年生~6年生のみなさんと一緒に、いわいとしおさんの絵本『うみの100かいだてのいえ』にインスピレーションを得て、海をテーマにダンボールで100かいだてのいえをつくりました。

初めに、いわいさんが絵の描き方や部屋のつくり方を教えてくれました。

海にはどんないきものが住んでいるのでしょう?図鑑を見てアイデアをふくらませる人も。

まずは、住んでいるいきものの部屋の中のドアやテーブルなどを描いていきます。

部屋の中ができたらダンボールをくみたてて、中に住むいきものを別の紙に描いて切り抜きます。

いきものがいる位置を決めて上からヒモで吊るしたり、紙で土台を付け立体的に見えるように工夫しました。 洋服や浮き輪など小物も付けたりしてすてきな部屋が完成!

できあがったら、みんなの部屋をつなげます。

深海の魚やイルカなどいろんな海のいきものが住む、たのしい100かいだてのいえができました!

そして後日、横浜市こどもの美術展(2019年7月19日~28日)で、みんなのつくった作品を展示しました。背景には、いわいさんが絵を描いてくださり、とても素敵なコラボレーションとなりました。

photo:Ken KATO