大人のためのアトリエ講座 開催レポート:「銅版画石膏刷り」

2024.5.4

2024年2月17日 に開催した「銅版画石膏刷り」の講座では、横浜市民ギャラリーのエデュケーターが講師を務め、14名の参加者のみなさんと銅版画づくりを楽しみました。当日の様子をレポートします。

 

 

銅版画は、銅版に傷(溝)をつけ、そこにインクを詰めて刷り取る版画技法です。石膏刷りは紙やプレス機を使わずに石膏を使って刷る銅版画技法で、インクを詰めた銅版に石膏を流し込むと、型取りのように絵柄を写し取ることができます。今回の講座では、ドライポイント技法(ニードルという針状の道具で銅版を直接ひっかく技法)で絵を描きました。

 

(さらに…)

大人のためのアトリエ講座 開催レポート:「和の装いを描く」

2024.5.4

講師に画家の清野晃代さんを迎え、着物姿の人物のさまざまなポーズを描く《大人のためのアトリエ講座和の装いを描く》を開催しました。(講座期間:20241/18 ()2/15()、全4回)

 

 

和装のモデルを観察し、人体のとらえ方や立体感の表現を学ぶ本講座。短時間で描く「クロッキー」と、じっくり時間をかけて描く「デッサン」の両方の基礎を学びました。クロッキーでは体の動きを観察し、人体の特徴を掴むことを目指し制作。扇を掲げたり、和傘を広げたりといった着物のモデルならではの魅力的なポーズを、みなさん楽しそうに描写している様子でした。

 

(さらに…)

大人のためのアトリエ講座 開催レポート:「言葉と遊ぶ、言葉と出会う」

2024.5.4

講師に詩人の大崎清夏さんをお招きし、「言葉」を味わい鑑賞する講座「言葉と遊ぶ、言葉と出会う」を2024年1月14日に開催しました。当日の様子をレポートします。

 

「新・今日の作家展2022 インタビューで大崎さんが語られた「言葉と遊ぶ」という言葉をきっかけに本講座を企画しました。展覧会の詳細はこちらをご覧ください。

「新・今日の作家展2022 世界をとりとめる」(2022年9月17日〜 10月10日)展覧会ページ

大崎清夏インタビュー

 

連詩制作の様子

 

(さらに…)

大人のためのアトリエ講座 開催レポート:「背守り」をつくる―子どもの元気な成長を願う―

2024.3.21

「子どもが無事に育ちますように」という願いを込めて、着物の背中に縫い付けた刺繍、”背守り”。

2023年12月2日に、講師として下中菜穂さんをお招きし、背守りについて学ぶ講座を開催しました。

 

 

(さらに…)

大人のためのアトリエ講座 開催レポート:「親が知っておきたい ~紙あそび・お絵かきあそび~」

2023.8.14

 講師に横田佳子さんをお招きし、「親が知っておきたい ~紙あそび・お絵かきあそび~」講座を6月15日(木)に開催しました。

講座の様子をレポートします!

この講座は一見すると子ども向けワークショップのように見えますが、今回の受講生は”保護者のみなさま”。

お子さんと一緒に実際に遊びながら、家でできる紙あそびやお絵かきの楽しみ方などを、保護者のみなさまに体験していただきました。

 

(さらに…)

1 2 3 4 5 6 8