それゆけモクモク ©Yokohama Civic Art Gallery

それゆけモクモク
渡辺 豊重
わたなべ とよしげ

■ 制作年:1992年
■ 技法・材料:シルクスクリーン
■ サイズ [縦×横×奥行]:43.6 × 57.3cm
■ 作品番号:PR-340
■ 分野:版画

※「横浜画廊散歩」2021年1月号に掲載

渡辺は1931年、東京生まれ。青年期に様々な職業に就きながら絵を描き始め、難波田龍起や田中岑に師事。1960年からは作家に専念し、以降絵画、版画、立体等幅広い制作をしてきました。作品はいずれものびやかな、動きを感じさせる線で描いた有機的な形態と鮮やかな色彩で構成されることが多く、軽妙なタイトルがそのあり様をあらわしつつ想像を広げるような役割を果たすという特徴があります。

本作のタイトルには、90年代前半に渡辺の作品によく登場する「モクモク」が採用されています。中央にはまさにもくもくとした雲のような形態が疾走するかのように描かれ、上下に施された素早い筆致の多色の線が、草原や海、空の雲が風を受けてかたちを変える様を連想させます。色彩の意味合いなどにも想像が膨らむ作品です。

横浜市民ギャラリーでの展覧会:
1988年 横浜上海美術交流展
1992年 横浜コンスタンツァ美術交流展