横浜市民ギャラリーコレクション展2016では、〈風景〉をキーワードに1940年代から1990年代に制作された絵画や写真を展示し、風景表現の多様な展開を紹介しました。第二次世界大戦終了後から近代化の進む横浜をはじめとする日本を写し描いたり、現実にはない幻想的な世界を創出したり、日常の光景をクローズアップするなど、作家それぞれのまなざしでとらえられた風景表現に、来場された方たちも様々な視点から関心を持って鑑賞されていました。
関連イベントのクロストークでは、出品作家の土田ヒロミさんと写真評論家の倉石信乃さんをお招きし、“風景を撮る”をテーマに写真による風景の記録についてお話しいただきました。土田さんの近作の上映もあり、参加された方は最後まで熱心に聴講されていました。また横浜市民ギャラリー展覧会カタログ市では、希少な資料を求める方で賑わいました。

横浜市民ギャラリーコレクション展2017 風景―それぞれのまなざし
2016年3月4日(金)~3月20日(日)17日間 10:00~18:00
横浜市民ギャラリー 展示室1・B1
出品作品:67点
展覧会入場者:4,553名+関連事業参加者72名=合計4,625名


横浜市民ギャラリーコレクション展2016 風景-それぞれのまなざし

森兵五《風景》1987年 油彩、キャンバス 91.0×65.7cm

横浜市民ギャラリーコレクション展2016

風景-それぞれのまなざし

Yokohama Civic Art Gallery Collection Exhibition 2016
Scenery

2016年3月4日(金)~3月20日(日) 10:00 – 18:00(入場は17:30まで)

横浜市民ギャラリー 展示室1、B1
入場無料 会期中無休


1

2

3

4

5

6

横浜市民ギャラリーコレクション展2016

横浜市民ギャラリーは、1964年に開設されてから、日本の現代美術を紹介する年次の企画展や、海外姉妹友好都市との交流展、横浜にゆかりのある作家の個展など、さまざまな展覧会をおこなってきました。展覧会や作家との交流を通じて収蔵した作品は、日本画、油彩画、版画、写真、彫刻など、およそ1,300点におよびます。横浜市民ギャラリーでは、年に一度「コレクション展」を開催し、所蔵作品を公開しています。
本展では、「風景」をキーワードに、1940年代から1990年代に制作された作品およそ70点を展示します。風景は、美術の主題として描かれ、写されてきました。視野にとらえた自然や事物をすべて画面に写したり、現実にはない理想的・幻想的な世界を描いたり、目の前の光景を自らの印象のままに表出するなど、作家があらわす「風景」はさまざまです。本展は、〈具象〉〈幻想〉〈印象〉〈日常〉の4つの章により構成し、風景表現の多様な展開を辿ります。
また特集展示として、柳原良平が描いた横浜の風景を紹介します。1978年、大通り公園の完成を記念して「ヨコハマ漫画フェスティバル」が開催されました。柳原は、このフェスティバルの中心となって漫画家やイラストレーターに出品を募りました。会場となった横浜市民ギャラリーは、出品作家32名の作品76点を所蔵しています。今回は、このうち柳原の作品全8点を展示し、横浜の名所・旧跡を巡ります。

関連イベント

・クロストーク「風景を撮る」

出品作品と写真家の活動についてお話します。

出演:土田ヒロミ(写真家)、倉石信乃(明治大学教授)
日時:3月5日(土)14:00-15:30
会場:横浜市民ギャラリー4階アトリエ
参加無料、申込不要

・担当学芸員によるギャラリートーク

日時:3月12日(土)14:00-14:30
会場:横浜市民ギャラリー展示室1
参加無料、申込不要

横浜市民ギャラリー展覧会カタログ市

会場:横浜市民ギャラリー展示室1受付

会期中、横浜市民ギャラリー開設時から2000年代にかけておこなわれた展覧会のカタログを特別販売します。現在では手に入り難い、希少な資料を購入いただける機会です。

※本展終了後、横浜市民ギャラリーでは過去の展覧会カタログの販売をおこないません。

1 長谷川潔《窓からの眺め(シャトー・ド・ヴェヌヴェルの窓)》1941年 エングレーヴィング 30.0×22.0cm / 2 秋岡美帆《そよぎ Sway》1988年 NECO、麻紙 77.0×107.0cm / 3 高松次郎《宮沢賢治「水仙月の四日」より 赤毛布の少年を封じこめる吹雪》1984年 シルクスクリーン 47.6×66.4cm ©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates / 4 土田ヒロミ《砂を数える》1981年 ゼラチン・シルバー・プリント 28.8×42.7cm / 5 阪本文男《標本室の通風口》1981年 油彩、キャンバス 97.1×130.5cm / 6 柳原良平《新港埠頭赤煉瓦倉庫》1978年 ポスターカラー、紙 72.2×102.5cm

チラシのダウンロード

チラシのダウンロードはこちらから>>>

横浜市民ギャラリーコレクション展コレクション展2016
風景-それぞれのまなざし(2.7MB)