U35若手芸術家支援事業の記録

2020(令和2)年度


墨や顔料、和紙等の日本画材を用いて絵画を制作。板に彫りを入れた作品他、4m×4mの大作を中心に。
2021(令和3)年度
人の皮膚がもつ無限の肌理(きめ)を、高精細のグレースケール写真で提示する連作《Skin》と、数千個のガラスの球体を用いた、新作のインスタレーション《Glass Balls》を展示