横浜市こどもの美術展 あなたの思い出・メッセージ大募集!

概要

夏の恒例「横浜市こどもの美術展」は、横浜市民ギャラリー開館翌年の1965年に始まった展覧会です。
これまでに52回開催、子どもたちの作品のべ18万点以上を展示してきました。
長年にわたり、様々なかたちで関わってくださったみなさんのおかげで、この展覧会の今があります。

半世紀以上続く「横浜市こどもの美術展」の思い出エピソードや、本展へのメッセージを大募集します。
みなさんにとって「横浜市こどもの美術展」はどんな展覧会でしょうか?ぜひ声をお聞かせください!
いただいたメッセージは「横浜市こどもの美術展2021」の会場で紹介させていただきます。
たくさんのご応募をお待ちしています。

主催
横浜市民ギャラリー(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団/西田装美株式会社 共同事業体)

申込方法

[募集対象]

1965~2019年の間、「横浜市こどもの美術展」に作品を出品した方、来場した方、ボランティアとして活動した方など、どなたでも。

 

[募集内容]

あなたの「横浜市こどもの美術展」の思い出や印象的だったこと、本展への思いなどのメッセージ600字以内)。

親子2世代・3世代での作品出品や、本展が何かのきっかけになったエピソードなどもぜひお寄せください。

 

[メッセージの紹介予定]

・「横浜市こどもの美術展2021」会場で公開します(公開可の方のみ。ペンネーム可)。

・当館ホームページなどで応募メッセージの一部を紹介します(2020年8月中旬) ※公開済み。掲載ページはこちら

——

*公開に際し、メッセージを編集させていただく場合がありますので、ご了承ください。

*公開を希望されない方もぜひご応募ください。すべて本展の貴重な資料として今後の参考とさせていただきます。

 

[募集締切]

第1次締切:2020年7月5日(日) 

第2次締切:202168日(火) 締切りました

 

[応募方法]

応募フォームより受付

 

ご応募いただいた方に、「横浜市こどもの美術展」オリジナルバッジをプレゼントします!

(応募多数の場合は抽選の上、当選者の方にお送りします)

 

横浜市こどもの美術展(1966~2019年)会場風景

 


「横浜市こどもの美術展」について
「横浜市こどもの美術展」は、横浜市民ギャラリー開館翌年の1965年に始まった子どもの公募作品展です。2019年までに52回開催、のべ18万点以上の絵画作品を展示してきました。横浜市内在住・在学の12歳以下の子どもの応募作品を無審査ですべてを展示するとともに、展覧会にあわせて様々なワークショップなどを催し、子どもたちの個性や創造力を大切に、美術を通じてその成長に寄与しています。また、展覧会の運営には中学生から大人まで、毎年多くのボランティアが参加しています。
詳しい展覧会の歴史や参加者のメッセージは、以下のページをご覧ください。

関連資料