子どものためのアトリエ講座 ハマキッズ・アートクラブ 2019年度

概要

横浜市民ギャラリーでは幼児・児童を対象に、造形を中心としたアトリエ講座「ハマキッズ・アートクラブ」を開催しています。アートは技術だけではなく「自分で考える」「自分できめる」「自分でする」という自立心が必要な活動です。アートは子どもたちが大人になるために必要な自立心を得ることができる活動とも言えます。「ハマキッズ・アートクラブ」は、活動を通じて子どもたちに「自分で考える」「自分できめる」「自分でする」ことの楽しさや醍醐味を体験してもらうことに目的があります。自分で最後までがんばるからすてきな作品ができあがる、そんな経験をしてもらえたらと考えています。


※応募多数の場合は抽選です。締切後、当落結果を全員に「返信はがき」「メール」「FAX」のいずれかでお知らせします。
※幼稚園・保育園の年少に相当する幼児=3~4歳、年中=4~5歳、年長=5~6歳

会場

横浜市民ギャラリー 4階アトリエ

〒220-0031 横浜市西区宮崎町26番地1

主催
横浜市民ギャラリー(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団/西田装美株式会社 共同事業体)

内容

土粘土であそぼう

やわらかくて、さわると気持ちいい土粘土(つちねんど)。丸めたり、のばしたりして、いろいろなものをつくってみよう!
開催日時
(日)
講師
横田佳子(横浜市民ギャラリーエデュケーター)
対象
幼稚園・保育園の年少〜年長に相当する幼児と保護者 15組(抽選)
定員
15組(抽選)
料金
一組1,000円(材料費込)
受付期間
4月6日(土)必着

えのぐであそぼう

赤と青と黄色と白のえのぐは魔法のえのぐ。いろいろな色をつくって大きな絵を描いてみましょう。
開催日時
(土)
講師
山田佐映子(ワークショップユニット「うめぐみ」主宰)
対象
幼稚園・保育園の年少〜年長に相当する幼児と保護者
定員
15組(抽選)
料金
一組1,000円(材料費込)
受付期間
5月4日(土・祝) 必着

フェルトであそぼう

フェルトをチョキチョキ、綿をつめてかざりつけたら、すてきなキーホルダーの出来上がり!
開催日時
(土)
講師
宇田川純子(アーティスト)
対象
幼稚園・保育園の年長に相当する幼児
定員
25名(抽選)
料金
1,500円(材料費込)
受付期間
5月25日(土)必着

ダンボールでつくろう!100かいだてのいえ

絵本作家のいわいとしおさんと、ダンボールで自分だけの家をつくろう!完成したみんなの作品を合体させて「横浜市こどもの美術展2019」(7/19〜28)で展示します。
開催日時
(土)
講師
いわいとしお(絵本作家、メディアアーティスト)
対象
小学1〜6年生
定員
50名(抽選)
料金
1,500円(材料費込)
受付期間
6月29日(土)必着

トートバッグに絵を描こう

トートバッグがキャンバスに!画家・やま ゆりのさんと一緒に、えのぐで絵を描いてオリジナルバッグをつくります。
開催日時
(土)
講師
やま ゆりの(画家)
対象
小学1〜3年生
定員
25名(抽選)
料金
1,500円(材料費込)
受付期間
 8月10日(土)必着

スーパーカーをつくろう

木でできた動く台車にいろいろなものをくっつけて、どんなスーパーカーができるかな?
開催日時
(土)
講師
三ツ山一志(造形教育家)
対象
幼稚園・保育園の年少〜年長に相当する幼児と保護者
定員
15組(抽選)
料金
一組1,500円(材料費込)
受付期間
9月28日(土)必着

バイオリンをつくろう

木材や馬の毛を使って手づくりのバイオリンをつくります。出来上がったら音を出してみよう!
開催日時
(日・祝)
講師
三又治彦(NHK交響楽団バイオリン次席奏者)
対象
小学4〜6年生
定員
25名(抽選)
料金
1,500円(材料費込)
受付期間
10月19日(土)必着
後援
横浜アーツフェスティバル実行委員会

油絵に挑戦!

油絵の具ってどんなえのぐ?初めてでも大丈夫。モチーフをよく観察して、小さなキャンバスに油絵を描いてみよう!
開催日時
(土)
講師
東麻奈美(アーティスト)
対象
小学4〜6年生
定員
25名(抽選)
料金
2,000円(材料費込)
受付期間
11月30日(土)必着

スチロールアート

スチロールを切って貼って、どんなかたちができるかな?好きなものをつくってみよう!
開催日時
(日)
講師
川﨑和美(造形作家)
対象
小学1〜3年生
定員
25名(抽選)
料金
1,500円(材料費込)
受付期間
2020年1月4日(土)必着

粘土をつくろう

ひみつの材料をこねて色をつけたら、カラフルな紙粘土に!自分で粘土をつくってあそびましょう。
開催日時
(日)
講師
大竹美佳(造形作家)
対象
幼稚園・保育園の年長に相当する幼児
定員
25名(抽選)
料金
1,500円(材料費込)
受付期間
2020年2月1日(土)必着

横浜市民ギャラリーコレクション展2020 関連イベント 横浜市民ギャラリーまるごと探検ツアー

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催を中止します。

横浜市民ギャラリーってどんなところ?
コレクション展で作品を見たり、作品を大切に保管している収蔵庫など普段は入れないバックヤードをめぐったりして、市民ギャラリーをまるごと探検!
子どもたちのための特別ツアーです。
開催日時
(日)
講師
河上祐子(当館学芸員)
対象
小学3~6年生
定員
10名(抽選)
料金
無料
受付期間
2020年2月18日(火)必着

申込方法

<往復はがき><ホームページの申込フォーム><直接来館>のいずれかでお申込ください。
応募多数の場合は抽選です。

 

◎往復はがき
「①希望の講座名 ②氏名(ふりがな) ③学年か年齢 ④郵便番号・住所 ⑤電話番号」を明記の上、郵送ください。
〒220-0031 横浜市西区宮崎町26-1
横浜市民ギャラリー「ハマキッズ・アートクラブ」係

◎ホームページの申込フォーム

上記申込みボタンよりお申込ください。

 

◎直接来館

横浜市民ギャラリー4階事務室へお越しください。

 


 

<申込後の流れ>
●抽選結果は申込締切後、全員に「返信はがき」「メール」「FAX」のいずれかでお知らせします。締切日を1週間過ぎても返信がない場合はお問合せください。
●より多くの方が参加できるように、無断キャンセルは行わないでください。
●参加費は、講座当日にアトリエ受付にてお支払いください。

 

<申込共通の注意事項>
●親子と、きょうだいで年齢が該当する場合は、連名で申込めます。お友達、ご親戚と一緒のお申込はできません。
●複数の講座に申込む場合は、別々にお申込ください。
●定員に達していない場合は、講座開催日の前日まで電話での申込を受付けます(先着順)。
●定員が実施可能な人数に満たない場合は、開講を見合わせる場合があります。
●申込の際に提供された個人情報は、申込された事業にのみ利用し、その他の目的で利用することはありません。

プロフィール

山田佐映子 YAMADA Saeko 女子美術大学洋画専攻卒業。横浜美術館子どものアトリエスタッフとして子どもの育ちと造形を学んだメンバーでワークショップユニット「うめぐみ」を2006年に結成、主宰する。たくさんの素材にまみれたり、描きつくったりする時間が物事に真剣に向き合う一歩になるよう心がけている。現在幼稚園・保育園で年間を通し成長に沿う造形指導を行う。小学校、大学、公共施設などで講座を多数開催。
(2021年4月1日 更新)
宇田川純子 UDAGAWA Junko トキワ松学園女子短期大学(現在の横浜美術大学)グラフィックデザインコース卒業後、同学彫刻研究生として2年学ぶ。横浜美術館市民のアトリエにてテラコッタのインストラクターを2年間務める。厚紙で成形した立体に新聞紙を貼った彫刻で、主にネコをモチーフとして制作している。2021年個展開催(ギャラリー巷房)。
(2021年4月1日 更新)

©Toshio Iwai

いわいとしお(岩井俊雄) IWAI Toshio 絵本作家、メディアアーティスト。1962年愛知県生まれ。1987年筑波大学大学院芸術研究科修了。テレビ番組やゲームソフト制作などで幅広く活躍ののち、娘との手づくりおもちゃをきっかけに絵本制作を始め、現在に至る。代表作は『100かいだてのいえ』シリーズ。
(2021年4月1日 更新)
やま ゆりの YAMA Yurino 画家。横浜美術短期大学(現在の横浜美術大学)グラフィックデザイン科卒業。子供の頃に生活を共にした文鳥のレーズンとチッチを中心に独特の世界観で絵を描き続けている。新大船幼稚園 通園バスのデザイン、ことりカフェ表参道店・吉祥寺店の壁画を手掛ける。ヨコハマトリエンナーレ応援プログラム「会社まるごとギャラリー2017」メインビジュアル担当。横浜高島屋をはじめ、多数の百貨店に期間限定で出展。
(2021年4月1日 更新)
三又治彦 MIMATA Haruhiko 宮城県出身。現在NHK交響楽団ヴァイオリン次席奏者として活躍している。又、特定非営利活動法人ハマのJACKを仲間とともに立ち上げ、こどもや障碍者が楽しめる音楽コンサート、未来の音楽家応援プロジェクト「金の卵オーディション」、学校訪問演奏等様々な活動を行っている。NPO法人ハマのJACK理事長。
(2021年4月1日 更新)
三ツ山一志 MITSUYAMA Kazushi 1953年生まれ。東海大学教養学部芸術学科美術科卒業。1976年から幼稚園での絵画指導を行い、1987年横浜美術館開館前より子どものアトリエを担当。2007年より横浜美術館副館長、横浜市民ギャラリー館長、横浜市民ギャラリーあざみ野館長を歴任。2019年より横浜黄金町に<子どもの育ちのためのアートらぼ>事務所を開設し、アートの活動が子どもの育ちをどのようにサポートしていけるかをテーマに活動している。
(2021年4月1日 更新)
東麻奈美 HIGASHI Manami 1988年生まれ、横浜市出身。2011年女子美術大学洋画学科卒業、2013年同大学大学院絵画研究領域修士課程修了。在学時代から「回転」をテーマに絵画作品を制作。上海、ニューヨークなど、国内外の様々な展覧会で作品を発表している。2013年より横浜美術館子どものアトリエのアシスタントとして造形や鑑賞のプログラムをサポートしている。
(2021年4月1日 更新)
川﨑和美 KAWASAKI Kazumi 東京国際ガラス学院卒業。ガラス作家として活動しながら、公共施設での造形講座、年間を通じて保育園・幼稚園での造形指導も行っている。 描きつくることを通して「思いを達成できる喜び」を経験できるよう、一人一人に寄り添った指導を行う。
(2021年4月1日 更新)
大竹美佳 OOTAKE Mika 横浜美術短期大学 (現在の横浜美術大学)グラフィックデザイン卒業・専攻科彫刻修了。東京藝術大学大学院美術研究科デザイン修了。専門は粘土による立体造形。2012年より子供向け工作、劇のワークショップを企画し活動を開始。アトリエSHEETA主宰として幼稚園生から小学生までの造形・美術を指導。
(2021年4月1日 更新)

開催レポート

[開催データ]

「土粘土であそぼう」

2019年4月21日 講師:横田佳子 年少児~年長児と保護者:19組37名 

 

「えのぐであそぼう」

2019年5月18日 講師:山田佐映子 年少児~年長児と保護者:18組34名 

ブログレポート

 

「フェルトでつくろう」

2019年6月8日 講師:宇田川純子 年長児:12名

ブログレポート

 

「ダンボールでつくろう!100かいだてのいえ」

2019年7月13日 講師:いわいとしお 小学1~6年生:45名

ブログレポート

 

「トートバッグに絵を描こう」

2019年8月24日 講師:やま ゆりの 小学1~3年生:21名

 

「バイオリンをつくろう」

2019年11月3日 講師:三又治彦 小学4~6年生:28名

ブログレポート

 

「油絵に挑戦!」

2019年12月14日 講師:東麻奈美 小学4~6年生:24名

ブログレポート

 

「スーパーカーをつくろう」

2019年12月21日 講師:三ツ山一志 年少児~年長児と保護者:8組16名 

※台風の影響により10月12日より代替開催

ブログレポート

 

「スチロールアート」

2020年1月19日 講師:川﨑和美 小学1~3年生:25名

ブログレポート

 

「粘土をつくろう」

2020年2月16日 講師:大竹美佳 年長児:26名

ブログレポート

 

*「横浜市民ギャラリーまるごと探検ツアー」(2020年3月8日)は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止。

 

全10回、参加者数合計268名

関連資料