新・今日の作家展2017 キオクのかたち/キロクのかたち
New “Artists Today” Exhibition 2017  Compilations of Memories and Records

  • 2017922[金]109[月・祝]
  • 10:00~18:00(入場は17:30まで)
  • 横浜市民ギャラリー 展示室1、B1
  • 入場無料 会期中無休
久保ガエタン 小森はるか+瀬尾夏美 是恒さくら 笹岡啓子
  • 主催:横浜市民ギャラリー(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団/西田装美株式会社 共同事業体)
  • 助成:芸術文化振興基金
  • 協力:児玉画廊、認定NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター、石巻工房
  • 協賛:アサヒビール株式会社

「新・今日の作家展」は横浜市民ギャラリーが開館した1964年から開催してきた年次の現代美術展「今日の作家展」(〜2006年)の名を冠し、昨年より再始動した現代美術の動向を紹介する展覧会です。 本年は「キオクのかたち/キロクのかたち」をテーマに、土地や歴史の調査、人々へのインタビューなど、自己の外部にあるもの・過去の事物との接触を制作過程に取り入れて作品を発表する作家を紹介します。失われてしまったものや時を経て変化したものの記録、人々の中に息づく記憶が、作家というフィルターを通して作品へとかたちを結びます。また、その作品が新たな記録の役割をも担っていきます。自身のルーツや常識外の現象などへの関心を掘り下げ、多角的に調査しインスタレーションをおこなう久保ガエタン(1988年生まれ)。2012年より陸前高田、2015年から仙台を拠点とし、現地を中心に人々にインタビューを行い制作する映像作家の小森はるか(1989年生まれ)と画家の瀬尾夏美(1988年生まれ)。各地の捕鯨文化や狩猟・漁労文化についてオーラルヒストリーを収集し手工芸やリトルプレスのかたちで発表する是恒さくら(1986年生まれ)。出身地の広島について考察した写真の発表、東日本大震災の被災地を含む日本各地での撮影を通じ、災害から復興を遂げる場所に向き合ってきた写真家の笹岡啓子(1978年生まれ)。記憶・記録へのまなざしは様々です。彼らの作品に触れることは、“いま”や“わたしたち”を見つめ直す契機となることでしょう。

(※2006〜2010年は「ニューアート展」、2011〜2015年は「ニューアート展NEXT」として開催>>>)

1
2
3
4
5
1|
久保ガエタン「僕の体が僕の実験室です。あるいはそれを地球偶然管理局と呼ぶ。」展覧会風景 / 2017年 / Courtesy of the artist and Kodama Gallery
2|
小森はるか+瀬尾夏美 巡回展「波のした、土のうえ」in 盛岡 展覧会風景 / 2015年 / Cyg art gallery
3|
小森はるか+瀬尾夏美《波のした、土のうえ—置き忘れた声を聞きに行く》2014年 / 映像 24分
4|
是恒さくら / 原画刺繍『ありふれたくじら』Vol.1(部分)/ 2016年 / 布、糸 / 撮影=根岸功
5|
笹岡啓子《PARK CITY》2016年 / 顔料インクジェットプリント
©Keiko Sasaoka

[関連イベント]

是恒さくらパフォーマンス“『ありふれたくじら』を読む”

9月23日(土・祝)、24日(日)13:00~13:30
会場|展示室B1

クロストーク「継承のかたち」
小森はるか+瀬尾夏美×山本唯人(青山学院女子短期大学助教、社会学・空襲研究)

9月23日(土・祝)14:30~16:00
会場|4階アトリエ
※大人のためのアトリエ講座
ヨコハマトリエンナーレ2017応援プログラム

対談「1,2,3,太陽!」
久保ガエタン×山川冬樹(現代美術家、ホーメイ歌手)

9月24日(日)14:30~16:00
会場|4階アトリエ

クロストーク「爆心地の写真」
笹岡啓子×倉石信乃(明治大学教授、写真史)× 小原真史(映像作家、キュレーター)

10月1日(日)14:30~16:00
会場|4階アトリエ

学芸員によるギャラリートーク

9月30日(土)14:00~14:30
会場|展示室1,B1

※いずれも参加無料、申込不要です

[出品作家プロフィール]

©Chikashi KASAI
久保ガエタン

自らのルーツと関わる跡地で「記憶の遠近法」と呼ぶ調査を行うことで、地球の裏側、過去から未来、現実と神話などをリンクし、独自の装置によってそれらを考察した作品を制作している。1988年東京都生まれ。東京藝術大学美術学部先端芸術表現科卒業、同大学院修士課程修了。現在パリを拠点に制作中。 個展に2016年「破壊始建設/Research&Destroy」(ICC、東京)、同「記憶の遠近法」(音まち千住の縁、東京)、2017年「僕の体が僕の実験室です。あるいはそれを地球偶然管理局と呼ぶ。」(児玉画廊|天王洲、東京)、グループ展に2012年・2015年「群馬青年ビエンナーレ」(群馬県立近代美術館)、2016年六本木アートナイト等。
http://www.kodamagallery.com/gallery/gaetan2017.html

小森はるか+瀬尾夏美

映像作家の小森と画家で作家の瀬尾によるアートユニット。2011年より協同制作を開始。翌年、岩手県陸前高田市に拠点を移し、風景と人びとのことばの記録をテーマに制作を始める。2015年、仙台に拠点を移し、土地との協働を通して記録を行う「一般社団法人NOOK」を立ち上げる。小森はるか1989年静岡県生まれ。東京藝術大学美術学部先端芸術表現科卒業、同大学院修士課程修了。/瀬尾夏美1988年東京都生まれ。東京藝術大学美術学部先端芸術表現科卒業、同大学院修士課程油画専攻修了。 主な展覧会に「3.11とアーティスト|進行形の記録」(水戸芸術館)、「Art action UK」(HUSK/ロンドン)、「記録と想起・イメージの家を歩く」(せんだいメディアテーク)、「あたらしい地面/地底のうたを聴く」(ギャラリー・ハシモト)等。自主企画の展覧会「波のした、土のうえ」、「遠い火|山の終戦」を全国巡回中。
http://komori-seo.main.jp/

是恒さくら

アラスカや東北で先住民、捕鯨文化、漁労文化等のフィールドワークをおこない、造形やリトルプレスを通して異文化間の価値共有の可能性を探っている。1986年広島県生まれ。2010年アラスカ州立大学フェアバンクス校卒業。2017年東北芸術工科大学大学院修士課程地域デザイン研究領域修了。 個展に2017年「沖語り—オキガタリ—」(Open Letter、東京)グループ展に2015年「東北画は可能か?—地方之国構想博物館—」(東京都美術館)等。
http://www.sakurakoretsune.com

笹岡啓子

広島について考察した写真を発表する一方で、活動最初期から海岸線や火山といった地勢や地表が刻むその土地の過去や経過に関心を寄せて撮影をおこなう。2011年4月以降、東日本大震災の被災地を含む日本各地を撮影し、連続展覧会の開催と小冊子刊行を継続している。1978年広島県生まれ。2002年東京造形大学卒業。 主な個展に「PARK CITY」(photographers’ gallery・東京、2004年から継続開催)、2012年「Difference 3.11」(銀座ニコンサロン、東京他)、2014年第23回林忠彦賞受賞記念写真展「Remembrance」(富士フィルムフォトサロン・東京他)、グループ展に2012年「この世界とわたしのどこか 日本の新進作家 vol.11」(東京都写真美術館)など。写真集に『PARK CITY』(2009年、インスクリプト)、『FISHING』(2012年、KULA)など。
www.keikosasaoka.com

ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」
2017年8月4日[金]~11月5日[日] 10:00~18:00

横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜市開港記念会館地下ほか 休場日:第2・4木曜日
鑑賞券(横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜市開港記念会館地下に会期中1回ずつ入場)
一般1,500円(1,800円)、大学・専門学校生900円(1,200円)、高校生500円(800円)、中学生以下無料
※カッコ内は当日券料金
問い合わせ先:ハローダイヤル 03-5777-8600(8:00-22:00)
公式WEBサイト:http://www.yokohamatriennale.jp

チラシのダウンロード

チラシのダウンロード>>>
新・今日の作家展2017
キオクのかたち表面
(505KB)

チラシのダウンロード

チラシのダウンロード>>>
新・今日の作家展2017
キオクのかたち裏面
(840KB)