横浜市こどもの美術展2017

夏休み恒例子どものための展覧会、今年も開催!
音楽会や自由参加ワークショップ、アーティストによる特別展示も!

721日[金] → 730日[日] ※会期中無休
横浜市民ギャラリー
10:00 – 18:00 [入場は17:30まで]
入場無料

団体で鑑賞される場合は事前にお電話でご連絡ください。
横浜市民ギャラリー TEL 045-315-2828
子どもの作品大募集!すべての応募作品を展示します

応募についてはこちらから>>>

 

夏の恒例「横浜市こどもの美術展」を今年も開催します。この展覧会は横浜市民ギャラリーが開館した翌年の1965年から始まった歴史ある展覧会です。子どもたちの自由な発想と豊かな表現を育み、健やかな成長を応援することを大切に、50年以上にわたって継続しています。
今年も一生懸命に描いた子どもたちの絵画を大募集!応募された作品をすべて展示します。今年のテーマは「虫」です。会場には虫の絵、虫の写真が勢ぞろい。会期中には、誰でも自由に参加できる紙工作のワークショップもおこないます。
みなさんの作品応募、ご来場をお待ちしています!

写真=加藤健

◎会期中の催し

超高解像度人間大昆虫写真[life-size]展

● 7月21日 [金] → 7月30日 [日]

子どもたちの表現の先輩であるアーティストの作品を紹介します。今年は大きな虫の写真が登場!じっくり観察してみよう。

橋本典久+scope《超高解像度人間大昆虫写真[life-size]》
写真=加藤健

橋本典久+scope(はしもと・のりひさ+すこーぷ)

2003年、筑波大学芸術専門学群の学生だった稲葉剛・植村啓市・玉置淳と技官として勤務していた橋本典久によって結成。平成16年度(第8回)文化庁メディア芸術祭アート部門奨励賞受賞。展覧会多数。

ハマキッズ・アートクラブ
「新発見!プラモ虫をつくろう!」作品展示

● 7月24日 [月] → 7月30日 [日]

アトリエ講座「新発見!プラモ虫をつくろう!」(講師:橋本典久)の参加者がプラモデルのパーツをつかってつくった空想の昆虫を展示します。どんな虫がいるかな?

夏のこども音楽会 | 1階エントランス横 入場無料

「ハマのJACK」スペシャルコンサート

● 7月29日 [土] 15:00-(40分程度)

NHK交響楽団などで活躍する「ハマのJACK」のメンバーが、新曲「野毛山動物園の謝肉祭」ほか楽しい演奏をプレゼント。

ヤマハ ピアノ&エレクトーン オンステージ

● 7月29日 [土]・30日 [日]
  両日11:00-/13:00-(各45分程度)

ヤマハ音楽教室に通う子どもたちによる出張演奏会。子どもたちの一生懸命な演奏が館内に響き渡ります。

自由参加ワークショップ
「紙工作で虫をつくろう!」

● 7月21日 [金] → 7月30日 [日] 参加無料

子どもも大人も自由に参加できる楽しいワークショップ。色画用紙をつかっていろいろな虫をつくってみよう。

チラシのダウンロード

チラシ(作品カード)の
ダウンロードはこちらから>>>
横浜市こどもの美術展2017
(2.90MB)

チラシのダウンロード

チラシ(夏のこども音楽会)の
ダウンロードはこちらから>>>
横浜市こどもの美術展2017
夏のこども音楽会(672KB)

 
  • 主催:横浜市民ギャラリー(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団/西田装美株式会社 共同事業体)
  • 協賛:(株)ヤマハミュージックリテイリング 横浜店
  • 後援:横浜市教育委員会