2016年は現在の地に移転して2回目の開催となりました。今回は新たに「花」というテーマを設けて子どもたちから作品を募集して、会場には色とりどりの花の絵が並びました。自由テーマとあわせて応募された作品は3,326点!元気な絵で会場がいっぱいになり、会期中には暑さにも負けずたくさんの親子連れが訪れました。2日間にわたって開催した「夏のこども音楽会」ではのべ54名の子どもたちによるピアノとエレクトーンの演奏が館内に響き渡りました。また、アーティストの康夏奈(吉田夏奈)さんによる特別展示では、クレヨンで菜の花畑を描いた大きな作品《もぐら》など3点の作品を展示しました。そのスケールと、花畑の中をもぐらが動き回るしかけが大人気。会場でつくった手づくりの「どうぶつお面」をかぶって歩く子どもたちの姿やたくさんの笑顔を見ることができた10日間でした。

横浜市こどもの美術展2016
2016年7月29日(金)~8月7日(日)全10日間 10:00~18:00
横浜市民ギャラリー 展示室B1、1、2、3
出品作品:花部門907点、自由テーマ部門2,419点 計3,326点
展覧会入場者:15,116名、音楽会入場者数:530名、ボランティア参加者数:59名、計15,705名
関連事業:自由参加ワークショップ「どうぶつお面をつくろう」
     康夏奈展「もぐらの世界 私の世界」
     夏のこども音楽会 ヤマハピアノ&エレクトーン オンステージ 7月30日(土)、31日(日)

主催:横浜市民ギャラリー(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団/西田装美株式会社 共同事業体)
協賛:(株)ヤマハミュージックリテイリング 横浜店
後援:横浜市教育委員会、横浜市文化観光局


横浜市こどもの美術展2016

夏休み恒例子どものための展覧会、今年も開催!
演奏会や自由参加ワークショップ
アーティストによる特別展示も!

2016年 729 [金]87 [日] ※会期中無休

横浜市民ギャラリー
10:00~18:00 [入場は17:30まで] | 入場無料

子どもの作品大募集!応募作品はすべて展示します

作品の応募については
こちらをご覧ください>>>

photo:Ken KATO

夏の恒例「横浜市こどもの美術展」を今年も開催します。この展覧会は横浜市民ギャラリーが開館した翌年の1965年から始まった歴史ある展覧会です。子どもたちの自由な発想と豊かな表現を育み、健やかな成長を応援することを大切に、50年以上にわたって活動を継続しています。
今年は新たにテーマ部門を設けて「花」というテーマと、自由テーマで子どもたちが描いた作品を募集し、応募された作品をすべて展示します。
また、会期中には、アーティスト・康夏奈さんの作品の特別展示や、子どもの演奏会、子どもも大人も自由に参加できる楽しいワークショップを開催します。
みなさんの作品応募、ご来場をお待ちしています!


◎会期中の催し


康夏奈展「もぐらの世界 私の世界」

●7月29日[金] → 8月7日[日]

子どもたちの表現の先輩であるアーティストの作品を紹介します。
今年は康夏奈さんが花や自然を描きだした作品を展示します。


康夏奈《もぐら》2014年

康夏奈[吉田夏奈](こう・かな)

1975年東京都生まれ、小豆島在住。
登山やダイビングなどで自然のなかに身を置いた経験を定着させるように描く絵画や、それを空間的に発展させたインスタレーションを手がける。
主な展覧会に2013年「瀬戸内国際芸術祭2013」(香川)、2014年「MOT アニュアル2014 フラグメント―未完のはじまり」(東京都現代美術館/東京)など。


夏のこども音楽会 ヤマハ ピアノ&エレクトーン オンステージ

●7月30日[土]・31日[日]
 両日11:00- / 13:00-(各45分程度)

ヤマハ音楽教室に通う子どもたちによる出張演奏会。子どもたちの一生懸命な演奏が館内に響き渡ります。


自由参加ワークショップ「どうぶつお面をつくろう」

●7月29日[金] → 8月7日[日] 参加無料

子どもも大人も自由に参加できる楽しいワークショップ。色画用紙をつかってどうぶつのお面をつくってみよう!


チラシのダウンロード

チラシのダウンロードは
こちらから>>>

横浜市こどもの美術展2016
(2.47MB)

主催 = 横浜市民ギャラリー(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団・西田装美株式会社 共同事業体)
協賛 =(株)ヤマハミュージックリテイリング 横浜店
後援 = 横浜市教育委員会、横浜市文化観光局