横浜市民ギャラリーコレクション展2020 鑑賞サポーター(ボランティア)大募集!

今年度の横浜市民ギャラリーコレクション展のテーマは「うつし、描かれた港と水辺」。
この展覧会の鑑賞サポーターとして、展示作品のなかに登場する横浜のスポットについて調べ、会場で掲示する紹介文の執筆や来場者へのトークをしてみませんか?活動はグループで行います。
事前研修でスタッフがサポートしますので、初めての方も安心してご参加ください。美術に関心のある方、横浜が大好きな方のご応募をお待ちしています!

[事前研修] 全5回参加必須

  • 2020年
    ① 1/11 (土) ② 1/25 (土) ③ 2/1 (土) 14:00~16:00
  • ④ 2/15 (土) ⑤ 3/1 (日) 14:00~16:30

[トーク実施日] どちらかの回に参加必須

  • ① 3/8 (日) ② 3/14 (土) 午後(時間未定)

[活動内容]

  • ・ 事前研修への参加
  • ・ 作品に描かれた横浜のスポットの紹介文執筆
  • ・「鑑賞サポーターによるトーク」の実施(グループで30分程度)

【募集要項】

  • 活動場所:横浜市民ギャラリー
  • 応募資格:①13歳以上で、本活動に興味と意欲のある方
         ②事前研修の全日程(5回)、およびトーク実施日のいずれかの回に参加可能な方
  • 募集人数:10名程度(応募多数の場合は抽選)
  • 条  件:無償。活動に際しては横浜市市民活動保険を適用
  • 応募期間:2019年12月23日(月)必着 

【申込方法】

往復はがきホームページの申込フォーム直接来館のいずれかでお申込みください。

◎往復はがき

必要事項
[ ①名前(ふりがな)②年齢 ③郵便番号・住所 ④電話番号 ⑤志望動機 ]をご記入の上、
「横浜市民ギャラリーコレクション展2020 鑑賞サポーター募集係」までお送りください。

◎ホームページの申込フォーム

 下の申込みフォームをご利用ください。

◎直接来館

 横浜市民ギャラリー4階事務室へお越しください。
(10:00〜18:00、毎月第3月曜休館)

※応募締切後、全員に「返信はがき」「メール」「FAX」のいずれかで参加の可否をご連絡します。
 締切日を1週間過ぎても返信がない場合はお問合せください。

[展覧会概要]

横浜市民ギャラリーコレクション展2020
うつし、描かれた港と水辺

2020年2月28日[金] - 3月15日[日] 10:00-18:00(入場は17:30まで)
横浜市民ギャラリー展示室1、B1 入場無料 会期中無休

横浜市民ギャラリーのおよそ1,300点の所蔵作品のなかより、横浜を中心に港や海、水辺が描かれた作品をご紹介します。
外部との玄関口、物流の拠点である港、古くから絵画や文学で取り上げられてきた水辺。いずれも人々に密着する存在、郷愁の対象の両方になり得ます。
本展は油彩、日本画、写真、版画などおよそ50点で構成します。

[主催]

横浜市民ギャラリー (公益財団法人横浜市芸術文化振興財団/西田装美株式会社 共同事業体)