横浜市民ギャラリー U35若手芸術家支援事業 寺田衣里個展「the bells(死と生)」

概要

彫刻家イサム・ノグチ(1904-1988)による、実現しなかった広島原爆慰霊碑案をカウンターモニュメントの萌芽として考察した博士論文のためのリサーチを端緒とし、ノグチが釣鐘型の作品に込めたとされる、人々の死を次の世代の生へ繋げるという考え方を、私自身の個人的な体験を通して再解釈することを試みる。

日程

開場時間

(入場は17:30まで)

休館日
会期中無休
入場料
入場無料
会場

横浜市民ギャラリー 展示室1階

〒220-0031 横浜市西区宮崎町26番地1

主催
寺田衣里
共催
横浜市民ギャラリー(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団/西田装美株式会社 共同事業体)
助成
公益財団法人 野村財団

作家プロフィール

寺田衣里 Terada Eri
1987年生まれ。2018年多摩美術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻修了、博士号取得(芸術)。イサム・ノグチによる実現しなかった広島原爆慰霊碑案をカウンター・モニュメントの萌芽として再考するとともに、いまだモニュメント性を説く彫刻教育への批評を展開してきた。文章、彫刻、映像、アクションなどで、政治的矛盾や保守的土壌を批評する作品制作を行なっている。2020年より共同プロジェクト「OLYMPICNIC」を継続中。https://olympicnic.tumblr.com/
(2021年5月1日 更新)