子どものためのアトリエ講座 ハマキッズ・アートクラブ 2017年度

概要

横浜市民ギャラリーでは幼児・児童を対象に、描きつくるアトリエ講座「ハマキッズ・アートクラブ」を開催しています。
アートは技術だけではなく「自分で考える」「自分できめる」「自分でする」という自立心が必要な活動です。
アートは、子どもたちが大人になるために必要な自立心を得ることができる活動とも言えます。
「ハマキッズ・アートクラブ」は、活動を通じて子どもたちに「自分で考える」「自分できめる」「自分でする」ことの
楽しさや醍醐味を体験してもらうことに目的があります。
自分で最後までがんばるからすてきな作品ができあがる、そんな経験をしてもらえたらと考えています。


※応募多数の場合は抽選です。締切後、当落結果を全員に「返信はがき」「メール」「FAX」のいずれかでお知らせします。
※幼稚園・保育園の年少に相当する幼児=3~4歳、年中=4~5歳、年長=5~6歳

会場

横浜市民ギャラリー 4階アトリエ

〒220-0031 横浜市西区宮崎町26番地1

主催
横浜市民ギャラリー(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団/西田装美株式会社 共同事業体)

内容

トートバッグをつくろう

トートバッグにいろいろな色・かたちのスタンプを押して、世界に一つのマイバッグをつくりましょう。
開催日時
(日)
講師
三ツ山一志(造形教育家)
対象
幼稚園・保育園の年少~年長に相当する幼児と保護者
定員
15組(抽選)
料金
バッグ一つにつき1,500円(材料費込)
受付期間
4月8日(土)必着

えのぐであそぼう

赤と青と黄色と白のえのぐは魔法のえのぐ。いろいろな色がつくれます。
自分のつくった色で大きな絵を描いてみよう!
開催日時
(土)
講師
三ツ山一志(造形教育家)
対象
幼稚園・保育園の年少~年長に相当する幼児と保護者
定員
15組(抽選)
料金
一組1,000円(材料費込)
受付期間
5月13日(土)必着 

スーパーカーをつくろう

木でできた台車にいろいろなものをくっつけて、オリジナルのスーパーカーをつくりましょう。
開催日時
(土)
講師
三ツ山一志(造形教育家)
対象
幼稚園・保育園の年長に相当する幼児
定員
25名(抽選)
料金
1,500円(材料費込)
受付期間
6月3日(土)必着

新発見!プラモ虫をつくろう!

プラモデルのパーツをつかって、空想の昆虫をつくってみよう。
完成した作品を「横浜市こどもの美術展」(7/21~30)で展示します。
開催日時
(日)
講師
橋本典久(アーティスト)
対象
小学4~6年生
定員
25名(抽選)
料金
1,500円(材料費込)
受付期間
7月8日(土)必着 

うごくしくみでつくろう

割りピンをつかって手足などの動く生き物をつくりましょう。
開催日時
(日)
講師
大竹美佳(造形作家)
対象
小学1~3年生
定員
25名(抽選)
料金
1,500円(材料費込)
受付期間
8月5日(土)必着

現代アーティストと一緒に つくる=かんがえる?

絵を描いたり、からだをつかったりして表現するアーティスト・関川航平さんと現代アートを体験しよう。
開催日時
(土)
講師
関川航平(アーティスト)
対象
小学1~3年生と保護者
定員
15組(抽選)
料金
一組500円
受付期間
8月19日(土)必着

関川航平 「figure」シリーズ 2016年

スノービンをつくろう

ビンの中に入ったキラキラが舞うフシギな「スノービン」をつくってみよう。
水の中を描こうかな?クリスマスの絵を描こうかな?
開催日時
(日)
講師
大竹美佳(造形作家)
対象
幼稚園・保育園の年長に相当する幼児
定員
25名(抽選)
料金
1,500円(材料費込)
受付期間
10月28日(土)必着 

油絵に挑戦!

油絵の具ってどんなえのぐ?初めての子でも大丈夫。
モチーフをよく観察して、小さなキャンバスに油絵を描いてみよう!
開催日時
(土)
講師
東麻奈美(アーティスト)
対象
小学4~6年生
定員
25名(抽選)
料金
2,000円(材料費込)
受付期間
11月25日(土)必着 

スチロールアート

スチロールを材料にして、動物や虫など好きなものをつくりましょう。
開催日時
(土)
講師
宇田川純子(アーティスト)
対象
小学1~3年生
定員
25名(抽選)
料金
1,500円(材料費込)
受付期間
2018年1月13日(土)必着 

ぺったんアート

強力テープはなんでもくっつける。木も石も、ボタンもストローも。
なにをどこにくっつけるかは自分できめるのが楽しい。くっつけたら色砂まいてできあがり!
開催日時
(土)
講師
三ツ山一志(造形教育家)
対象
幼稚園・保育園の年少~年長に相当する幼児と保護者
定員
15組(抽選)
料金
一組1,500円(材料費込)
受付期間
2018年2月3日(土)必着 

申込方法

 

<往復はがき><ホームページの申込フォーム><直接来館> のいずれかでお申込みください。

応募多数の場合は抽選です。

 

◎往復はがき

「①希望の講座名 ②氏名(ふりがな) ③学年か年齢 ④郵便番号・住所 ⑤電話番号」を明記の上、郵送ください。

220-0031 横浜市西区宮崎町26-1
横浜市民ギャラリー「ハマキッズ・アートクラブ」係

◎ホームページの申込フォーム

各講座の申込みボタンよりお申込みください。
※受付確認のメールを返信しています。返信がない場合はご連絡ください。

 

◎直接来館

横浜市民ギャラリー4階事務室へお越しください。

 


 

<申込後の流れ>
抽選結果は申込締切後、全員に「返信はがき」「メール」「FAX」のいずれかでお知らせします。
締切日を1週間過ぎても返信がない場合はお問合せください。
より多くの方が参加できるように、無断キャンセルは行わないでください。
参加費は、講座当日にアトリエ受付にてお支払いください。

<申込共通の注意事項>
親子と、きょうだいで年齢が該当する場合は、連名で申込めます。お友達、ご親戚と一緒のお申込はできません。
複数の講座に申込む場合は、別々にお申込ください。
定員に達していない場合は、講座開催日の前日まで電話での申込を受付けます(先着順)。
定員が実施可能な人数に満たない場合は、開講を見合せる場合があります。
申込の際に提供された個人情報は、申込された事業にのみ利用し、その他の目的で利用することはありません。

プロフィール

三ツ山一志 MITSUYAMA Kazushi 1953年生まれ。東海大学教養学部芸術学科美術科卒業。1976年から幼稚園での絵画指導を行い、1987年横浜美術館開館前より子どものアトリエを担当。2007年より横浜美術館副館長、横浜市民ギャラリー館長、横浜市民ギャラリーあざみ野館長を歴任。2019年より横浜黄金町に<子どもの育ちのためのアートらぼ>事務所を開設し、アートの活動が子どもの育ちをどのようにサポートしていけるかをテーマに活動している。
(2021年4月1日 更新)
橋本典久+scope HASHIMOTO Norihisa +scope 2003年、筑波大学芸術専門学群の学生だった稲葉剛・植村啓市・玉置淳と技官として勤務していた橋本典久によって結成。平成16年度(第8回)文化庁メディア芸術祭アート部門奨励賞受賞。展覧会多数。
(2021年4月1日 更新)
大竹美佳 OOTAKE Mika 横浜美術短期大学 (現在の横浜美術大学)グラフィックデザイン卒業・専攻科彫刻修了。東京藝術大学大学院美術研究科デザイン修了。専門は粘土による立体造形。2012年より子供向け工作、劇のワークショップを企画し活動を開始。アトリエSHEETA主宰として幼稚園生から小学生までの造形・美術を指導。
(2021年4月1日 更新)
関川航平 SEKIGAWA Kohei 1990年宮城県生まれ。2013年筑波大学芸術専門学群特別カリキュラム版画コース卒業。2016年「第14回グラフィック 1_WALL」グランプリ受賞。自分の身体を使ったパフォーマンスやインスタレーション、ドローイングなどさまざまな手法を用いて作品を制作。「つくること」や「みること」の中でなにが起きているのかを考え続けている。 主なグループ展に、「BankART Life V〜観光」2017(BankART NYK)、「根をもつことと翼をもつこと」2017(BUCKLE KOBO Presentation/Documentation)「SICF18 PLAY」2017(スパイラル)、「あざみ野コンテンポラリーvol.7 悪い予感のかけらもないさ展」2016(横浜市民ギャラリーあざみ野)、「Gallery Voltaire」2016(スパイラル)、「第14回グラフィック 1_WALL」2016(ガーディアンガーデン)。主な個展に「以外の見る、を見る」2017(SEZON ART GALLERY)「figure / out」2017(ガーディアンガーデン)。
(2021年4月1日 更新)
東麻奈美 HIGASHI Manami 1988年生まれ、横浜市出身。2011年女子美術大学洋画学科卒業、2013年同大学大学院絵画研究領域修士課程修了。在学時代から「回転」をテーマに絵画作品を制作。上海、ニューヨークなど、国内外の様々な展覧会で作品を発表している。2013年より横浜美術館子どものアトリエのアシスタントとして造形や鑑賞のプログラムをサポートしている。
(2021年4月1日 更新)
宇田川純子 UDAGAWA Junko トキワ松学園女子短期大学(現在の横浜美術大学)グラフィックデザインコース卒業後、同学彫刻研究生として2年学ぶ。横浜美術館市民のアトリエにてテラコッタのインストラクターを2年間務める。厚紙で成形した立体に新聞紙を貼った彫刻で、主にネコをモチーフとして制作している。2021年個展開催(ギャラリー巷房)。
(2021年4月1日 更新)

開催レポート

[開催データ]

「トートバッグをつくろう」

2017年4月23日 講師:三ツ山一志 年少児~年長児と保護者:18組41名 

 

「えのぐであそぼう」

2017年5月27日 講師:三ツ山一志 年少児~年長児と保護者:20組45名 

 

「スーパーカーをつくろう」

2017年6月17日 講師:三ツ山一志 年長児:21名

 

「新発見!プラモ虫をつくろう!」

2017年7月23日 講師:橋本典久 小学4~6年生:24名

 

「うごくしくみでつくろう」

2017年8月20日 講師:大竹美佳 小学1~3年生:21名

 

「現代アーティストと一緒に つくる=かんがえる?」

2017年9月2日 講師:関川航平 小学1~3年生と保護者:16組33名

 

「スノービンをつくろう」

2017年11月12日 講師:大竹美佳 年長児:28名

 

「油絵に挑戦!」

2017年12月9日 講師:東麻奈美 小学4~6年生:26名 

 

「スチロールアート」

2018年1月27日 講師:宇田川純子 小学1~3年生:21名

 

「ぺったんアート」

2018年2月17日 講師:三ツ山一志 年少児~年長児と保護者:22組49名

 

全10回、参加者数合計309名

関連資料