概要

現代に生きる私たちの日常生活の隅々に浸透している「映像」―その役割と機能は、人々のコミュニケーションのあり方に変革を及ぼしているばかりか、私たち自身の機能を拡張し、感覚を押し広げてきたともいえます。この展覧会では、作品・空間・時間・鑑賞者それぞれの相関関係に注目しながら、映像表現の多様な展開の一端をご紹介します。

本展で取り上げるのは、横浜を拠点に活動する新進気鋭の作家、金澤麻由子とSHIMURAbrosです。いずれも、初公開となる新作映像インスタレーションをはじめ、アニメーション映像の原画、映画のなかの時間を扱った立体、絵本の挿絵原画などを展示します。


横浜市民ギャラリーは1964年に桜木町駅前に開設され、74年に現在の関内の地に移転、この地で38年の歴史を刻んできました。20133月末に一時休館・移転を控えているため、1964年より開催されてきた「今日の作家展」の流れを汲む企画展は、本展が横浜市教育文化センターで開催される最終回となります。なお、横浜市民ギャラリーは2015年リニューアル再オープンの予定です。


展覧会名  ニューアート展NEXT 2012 動く絵、描かれる時間:ファンタスマゴリア
出品作家 金澤麻由子 SHIMURAbros
会期  2012年9月28日(金) – 10月17日(水)  休館日なし
□□  10:00 – 18:00  (ご入場は17:45まで)
会場  横浜市民ギャラリー 1、2階展示室
入場無料

主催  横浜市民ギャラリー(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
後援  横浜市文化観光局、神奈川新聞社、tvk、RFラジオ日本、FMヨコハマ、
   横浜市ケーブルテレビ協議会
助成 公益財団法人 花王 芸術・科学財団
協賛  アサヒビール株式会社、アサヒ飲料株式会社、
   株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ、株式会社リコ-、
   住友電気工業株式会社、ニューオータニイン横浜、横浜サンミラー株式会社、
   横浜美術大学
協力 神奈川県民ホール(公益財団法人神奈川芸術文化財団)
チラシファイル  こちらより(A4版 PDF形式)

 出品作家

金澤麻由子 Mayuko KANAZAWA

1981年神戸生まれ。京都嵯峨芸術大学大学院修了(最優秀賞)。現在、横浜美術大学ビジュアルデザイン領域専任助手。絵本、映像アニメーション、インタラクティブなメディアアートを制作。手描き絵画の魅力を表現メディアを通して引き出す研究と制作活動を行う。2011年「おおしま国際手づくり絵本コンクール」最優秀賞・文部科学大臣賞、2011年「神戸ビエンナーレ2011アートインコンテナ国際コンペティション」奨励賞、2012年「カワイイ+大賞展」(スパイラルガーデン)グランプリ受賞。著書「てんからのおくりもの」(射水市大島絵本館、2012年)


撮影:三橋純 

左側から
「巣-Nest-」(部分)2012年 インスタレーション(インタラクティブ)オブジェ(h.100×w.100×d.100cm)
  ドローイングアニメーション
「Sweet Home」 2010年 インスタレーション(インタラクティブ)アクリル絵画(h.330×w.280cm)
  ドローイングアニメーション


SHIMURAbros シムラブロス

ユカ(1976年横浜生まれ)&ケンタロウ(1979年横浜生まれ)による姉弟ユニット。英国セントラル・セント・マーチンズ大学院映画・舞台芸術学部卒業。現在、横浜を拠点に新たな映像装置の発明によって既存の枠をこえたイメージの実体化を企てる。「SEKILALA-3screen installation」が平成21年度「第13回文化庁メディア芸術祭」アート部門優秀賞受賞。カンヌ及びベルリン国際映画祭での上映をはじめ、ロンドン、パリ、ウィーン、メルボルンなど、国外にも作品発表の場を広げている。

左側から
「FILM WITHOUT FILM」2010年 マルエージング鋼 アクリル h.16.5xw.4.0xd.35.0㎝(5点組)個人蔵
「X-RAY TRAIN」(部分)2007-2009年 インスタレーション 液晶フィルム、ピアノ線、PC、
 コントロールボード、プロジェクター 120x90x600㎝

 関連イベント

いずれも参加無料。


①記念レクチャー  10月2日(火)14:00-15:30
  講師:港千尋
(写真家/多摩美術大学教授)  会場:地下1階アトリエ向かい
  定員:先着50名程度

②アーティストトーク   10月6日(土)14:00-15:30
  出演:金澤麻由子、SHIMURAbros
 会場:1-2階展示室

④担当学芸員によるギャラリートーク   10月7日(日)、10月14日(日) 14:30-15:00
  会場:1-2階展示室

 会場風景

会場の風景を写真でご紹介いたします。


会場入口


SHIMURAbros《Film Without Film》シリーズより/
2012年/ナイロン樹脂, アルミニウム


SHIMURAbros《Trace》シリーズより/
2012年/インスタレーション


金澤麻由子《時の間-Interval onTime -》
2012年/インスタレーション


金澤麻由子《Sweet Home》
2010年/インスタレーション


金澤麻由子《てんからのおくりもの》
絵本原画/2012年/水彩・紙

 図録

【展覧会】
2012年9月28日~10月17日
主催 横浜市民ギャラリー

【目次】
金澤麻由子 作品 ・・・・・・・・・・・・・・・2-7
金澤麻由子 略歴 ・・・・・・・・・・・・・・・8-9
謝辞/概要/奥付
ごあいさつ
動く絵、描かれる時間:Phantasmagoria
に寄せて-佐藤直子
SHIMURAbros 作品 ・・・・・・・・・・・・・・2-7
SHIMURAbros 略歴 ・・・・・・・・・・・・・・8-9

【図録データ】
W170mm×H230mm、130g、26p、カラー、ビニールカバー
発行日 2012年9月28日
発行・編集  横浜市民ギャラリー
アートディレクション/デザイン  丸山新(&Form)
展覧会記録映像  播本和宜(studio仕組)
翻訳  山川純子
印刷・製本  大洋印刷株式会社

 動画