大人のためのアトリエ講座「古典絵画をまなぶ―中世ヨーロッパの金箔技法」開催レポート

2017.8.20

519日から全6回で開催した3度目となる人気の講座です。

今回は10㎝×12㎝の合板にケルト模様を描き画面の縁取りに金箔を貼ります。

初回:519

下地作りからスタートします。合板に膠と石膏を混ぜたジェッソを7層塗り重ねます。

縦に塗ったら次は横に交差させて塗ります。

下地塗りが終わったら、先生が用意してくださった資料からケルト模様を選んで、縁取りの形を考え図案を作ります。今回のケルト模様は世界一美しい本と呼ばれる「ケルズの書」の中から人物や動物と文字が合わさったユニークな模様です。

2回目:526

前回塗った下地のジェッソが乾いているので紙やすりで平らにします。

木炭の粉を表面にまぶしてからやすりを掛けると削れていないところが黒く残って目印になります。目印の黒がなくなればきれいな面が出来たということになります。きれいな面をつくるためにみなさん丁寧に作業されていました。

画面が平らになったら、下図を写します。次に金箔を貼る部分のキワと金箔部分の線模様を目打ちでけがきます。けがくというのは凹みをつけることです。

凸をつけたいところにジェッソを盛り上げるのもこの日のうちに終わらせます。点などを凸にしておくと凸と凹で金箔の効果がさらに増します。

3日目:62

金箔の下地となるボーロをぬります。ボーロとは朱色の下地で、朱色に金を重ねることで発色がよくなります。ボーロを4層塗り重ねるのですが完全に乾いてから次の層を塗るので作業に時間がかかります。

次回の金箔貼りの下地となるので丁寧に作業を進めます。

4回目:6月9日

金箔貼りは繊細な作業なので少人数で先生が指導してくだいます。朱色の下地ボーロを塗った部分に水分を含ませます。水を含ませると金箔が貼り付くようになります。(金の純度が低い金箔だと水では付きません)

左手の甲にオイルを薄く塗って、そこを刷毛でなでると金箔が刷毛に付くようになります。金箔をそっと刷毛で取って画面に貼っていきます。薄い金箔は少しの風でもクシャクシャになって取扱いがむずかしいです。

 

金箔を貼るのに塗った水分が引いて金箔が定着したらメノウ棒で磨きます。その日のお天気や貼る時に含ませた水分の量などによって磨くタイミングが変わってきますが、よいタイミングで磨くとピカピカに光ります。

5回目:616

先週貼った金箔の部分に刻印します。刻印棒を当てて木づちで軽くたたき細かい点々模様をつけます。

刻印が済んだら卵テンペラで描き始めます。卵とお酢と水で卵テンペラメディウムをつくり顔料を水で溶いたものと卵テンペラメディウムを混ぜて絵具を作ります。まずは黒色で輪郭線を描きます。

6回目:623

前回と同じように絵具を作って着彩します。

この日は、緑青(ろくしょう)やラピスラズリなどカラフルな顔料を使って絵具を作ります。薄い絵具を乾かしながら重ねていくと発色がよくなります。細かい模様に丁寧に着彩して完成です。

 

今回も古典技法を体験しながら学べて有意義な時間を過ごしていただけたようです。

本格的な材料や技法でケルズ模様が楽しい作品に仕上がりました。

箱にしまわずぜひ飾っていただきたいです。

 

 

大人のためのアトリエ講座「日本画による表現―蝶を描く」開催レポート

2017.8.12

「日本画による表現―蝶を描く」は、日本画家の荒木愛さんを講師にお迎えして20176月に4回講座で開催しました。

今回は伝統的な日本画の技法を学びます。モチーフの蝶の標本を見ながら描きます。蝶の標本は、千葉県立中央博物館からお借りしました。

「千葉県立中央博物館所蔵資料」

 

初回:67

初めに鉛筆で蝶のスケッチをします。出来るだけ細かいところまで観察して描きます。

「スケッチを描く上で、はぶいてよいところはなく、自分の中に吸収するように描く、概念を捨ててまっさらな目でモチーフを観察して描くことを心がけるように」と荒木さんからお話がありました。蝶は羽根の形や模様など描きどころがありそうです。

スケッチが終わったら小下図(こしたず)にうつります。小下図とはイメージ図のことで、画面にどのように蝶を配置するのか?背景との関係などをラフに描いて考えます。

2回目:614

大下図(おおしたず)の作成から始めました。大下図とは作品と同じサイズの下絵です。荒木さんがひとりずつアドバイスしてくださいました。この段階できっちり大下図が出来ていないと後で修正するのは難しいとのことで、みなさんしっかり描いていました。

大下図ができたら、紙が貼ってあるボードに大下図を写し、写した線を墨でなぞります。これを骨描き(こつがき)といいます。今回は後で絵具を乗せたときに墨の線が見えないほうがいいので濃くは描きません。

骨描きが済んだらいよいよ着彩です。まずは下地(背景)を水干絵具(すいひえのぐ)で塗ります。日本画の絵具は、顔料と膠液をその都度絵具皿にのせて指でよく溶いて使います。

3回目:621

作品のメインとなるモチーフを描きます。日本画で使う絵具は大きく分けて水干絵具と岩絵具がありそれぞれの特性のレクチャーがありました。水干絵具は粒子が細かいので混ぜ合わせることが出来るため混色時の使用にむいています。岩絵具は粒子が粗いので混ぜ合わせることはできませんが層を重ねると画面に厚みが出ます。絵具の粒子の細かさによっても見え方がちがってくるので重ね順も考えるとよいそうです。絵具の溶き方もおさらいしてから制作を始めます。

4回目:628

絵具で描く部分を仕上げていきます。

砂子を蒔いた後に絵具をのせると砂子の効果がうすれてしまうので、最後に砂子を蒔きます。

砂子をのせたい部分にドーサ液(膠とミョウバンが溶けた液体)を塗ります。網がはってある竹筒に金箔を入れてタタキ筆(先がカットしてある専用の筆)で竹筒の中から金箔を押し出します。網目から金箔が細かくなった砂子がはらはら出てきます。しばらく水分が引くのを待ってあかし紙(金箔が挟んである薄い紙)で抑えると砂子が定着して完成です!

最後に皆さんの絵を並べてお互いの作品を鑑賞しました。蝶をしっかり観察しスケッチに時間をかけたので、作品の完成度が上がったようです。絵具の作り方や砂子蒔きなど日本画の画材の取り扱いも詳しく学べて、皆さん楽しんで制作されていました。同じ蝶をモチーフにしても色々なイメージの絵が並んでステキな講評会となりました。

 

 

大人のためのアトリエ講座「よく観て描く―細密画家と学ぶ、デッサンと着彩」開催レポート

2017.5.29

細密画家の石田淳一さんを講師にお迎えして2016年11月17日~12月22日の6回講座で開催しました。モチーフをよく観察して細密に描くためのコツを教えて頂きながら、リンゴ1個をじっくり描きます。初めの3回は基礎の練習をして後半3回で作品を仕上げます。

IMG_3329

初回:11月17日

鉛筆デッサンの準備として、鉛筆の色の幅を知るために今回使用する2B、HB、2H、4Hそれぞれの硬さでグラデーションチャートを作ります。他人が作ったグラデーションチャートではなく自分で作って感じることで、どのくらいの筆圧でどのくらい線を重ねればよいか分かるようになります。初日はグラデーションチャートを作ることに専念しました。

 

IMG_3329

 IMG_3329

 2回目:11月24日

いよいよリンゴのデッサンをします。「細密画にセオリーはありません。自分の目の前にあるものを徹底的に観察すること。ちょっとしたへこみなども見落としがないように。」と石田さんがお話してくださいました。前回作ったグラデーションを思い出しながら、影の黒さや光が当たって明るくみえるハイライトを描きだしました。よく観察するとリンゴの表面に自分の映り込みが見えたりします。みなさん真剣にリンゴを観察していました。

2IMG_4164

IMG_4173

3回目:12月1日

水彩絵具で着彩の色見本を作ります。まずは単色で濃い色から薄い色へグラデーションを作ります。混色の色見本も作ります。どのくらいの比率で混色したのかメモしておくと後で見たときに役にたちます。

IMG_4284

色見本ができたら次はハッチングの練習をします。ハッチングとは細い線を重ねて描く技法です。線の密度が細かければ色が濃く見えます。粗ければ紙の白が網目から見えて薄く見えます。細い線は筆を立ててゆっくり丁寧に引くとよいそうです。

IMG_5419

 

4回目:12月8日

初めにハッチングで球体を描く練習をしました。濃いところにはどんどん線を重ねていきます。球体の上の方の光った部分は紙の地の白を残します。水彩絵の具を幅のある筆で塗って次の色を重ねると下の絵具が水でとけて濃く重ねることは難しいのですが、ハッチングの細い線なら重ねることが可能です。たくさん重ねることで奥行や重みがでます。

IMG_4440

球体を描いて感覚がつかめたところで本番の紙にリンゴを描き始めます。まずは鉛筆でしっかりデッサンをします。

IMG_4621

5日目:12月15日

前回のつづきのデッサンが終わった方は、色をつけます。ハッチングでリンゴの色をのせていきます。初めは水で薄めた淡い絵具を重ねます。よく観察するとリンゴの赤の中にも黄色っぽい所、緑がかった所などの固有色(物自体の色)が見えてきます。固有色の他に光が当たった部分や影があるのが分かります。

IMG_4632

最終回:12月22日

ひきつづきリンゴの絵の着彩でハッチングを重ねます。この日は視覚混色について石田さんがお話してくださいました。視覚混色とはパレットの上で絵具を混ぜるのではなく、絵具を原色のまま塗り重ねて色を作る描き方です。色が鮮やかに見える効果がえられます。

よく観察して何色を重ねたらよいか考えながら描きます。すこし計画性が必要かもしれません。

IMGP7553

3日間かけてじっくり描いたリンゴを最後に額に入れてみなさんで観て回りました。

石田さんがひとりひとり丁寧に指導して下さったので、はじめての方でも最後までよく観察して描くことに取り組めました。

リンゴ1個でシンプルですが、みなさんそれぞれのリンゴが個性的に描かれていて観ていて楽しかったです。部屋に飾って愛でるのにちょうどいい作品ができました。

IMGP7567

2IMGP7575

レクチャー「アニメーション美術監督の仕事」開催レポート

2017.5.24

2017年4月29日、レクチャー「アニメーション美術監督の仕事」を開催しました。
横浜市民ギャラリーではこれまでにもアーティスト、写真家、美術評論家、舞台美術家、ドキュメンタリー監督、製本家など様々な専門家の方々をお迎えしてレクチャーを開催してきました。
今回は、映画「この世界の片隅に」(2016年)、「ジョバンニの島」(2014年)の美術監督である林孝輔さんを講師にお迎えして、アニメーション制作の舞台裏や、作品づくりへの思いを伺いました。
当日はたくさんの方々にお越しいただき、会場は熱気に包まれました。

会場の様子
初めに、この日のために特別に呉市立美術館からお借りした映像資料「『この世界の片隅に』制作風景 背景編」を見ながら、林さんから背景美術の制作の手順をお話いただきました。 近年のアニメーション制作の現場では、背景美術は9割がパソコンを使っての描写ということですが、この作品はこうの史代さんの原作のイメージを大切に、手描きにこだわってつくられたそうです。

制作手順を説明する林さん
まずレイアウト(原図)にコピー用紙を重ねて、鉛筆で必要な線を写しとっていきます。
それを画用紙にコピーし、ポスターカラーで色をつけていきます。
色をつける手順は人それぞれですが、林さんの場合は遠景または薄い色から塗り進めるそうです。
全体に色がのったら、リズム感を大切にしながら細部を描きこんでいきます。
「どこで筆を止めるかが毎回課題」と話す林さん。描きこめば描き込むほどよいというわけではなく、そこを見極める目が大事です。

制作手順を説明する林さん
絵が仕上がったらスキャナでパソコンに取り込み、Photoshopでホコリ除去や、色味の補正をおこないます。
ここでの作業は必要最低限にとどめるよう意識しているそうです。
このように背景を描く仕事を、「この世界の片隅に」では約40名の方々が担当しています。
林美術監督は、どのパートをどの人に描いてもらうか、それぞれの適正を考慮しながら仕事を依頼したそうです。
ご本人ももちろん多くのパートを描いており、特に原爆が落とされた後の広島の街の風景は、若い世代の自分が描くことにこだわったそうです。
思い入れが強く、「描き込みすぎたかな」ともお話されていたほど。

林さんの制作の様子
「この世界の片隅に」の場合、描かれた背景画の枚数は約1,200枚。 美術監督は、たくさんの人たちの手で描かれたそれら一枚一枚の絵を、作品に統一感を持たせるために調整する役割も担います。
時には書き直しの指示を出したり、色調整をおこなったりします。
アニメーション制作において、一枚の絵の完成度に集中すればよいというわけではなく、締切と予算という限られた条件のなかで、作品の質を保っていくビジネス感覚も大事だとお話されていました。
また、「この世界の片隅に」は、原作者のこうの史代さん、監督・脚本の片渕須直さんが徹底した歴史検証をしていることで知られています。
当時の様子を詳細に調べあげた成果が作品にリアリティを与えています。
そのため、林さんは片渕監督から「このときの天気は○○、気温○○℃、湿度○○%、視界は○○」といった情報まで与えられて風景を描くことに挑んだそうです。
それは「学会の論文を書いているよう」な気持ちでもあったとか。
当時の様子を想像しながら、登場人物たちが見ていたであろう風景を描きおこそうと意識したそうです。

レクチャーの様子 林さんがアニメーションの世界に入ることになったきっかけは、学生時代に遡ります。
高校時代はサッカーにのめりこんでいたそうですが、その後大学に入り日本画を専攻。
入学当時はデッサンも苦手でしたが、「下手だった分、上達していくことが楽しかった」そうです。
昔からスタジオジブリのアニメーションが好きで、大学時代に男鹿和雄さんの仕事を知り、「自分がやりたい仕事はこれだ」と確信を得たそうです。
卒業後、アニメーション制作会社に入社、フリーランスを経て、現在は背景美術スタジオ「でほぎゃらりー」に所属されています。
林さん自身、デジタルでは表現しきれない手描きの背景が好きで、そのような仕事を続け、残していきたいと考えているそうですが、時代の要請に応じて今後どのような変化があるかはわからない、という正直な思いもお話いただきました。
この日参加された多くの方々が、この手描きのアニメーションの技術を後世に残していきたいと感じられたのではないでしょうか。

サイン待ちの行列
終了後には、サイン待ちの長い行列ができました。
予定していなかったことだけに林さんも驚いたご様子。
「普段はこもって絵を描く仕事。これだけたくさんの人に注目していただいて恐縮」と、最後まで謙虚で誠実な林さんの人柄がにじみ出るレクチャーとなりました。
ご来場くださった皆様、どうもありがとうございました。


大人のためのアトリエ講座レクチャー+ワークショップ「手製本でつくる2017年の手帳」開催レポート

2017.2.3

2016年12月4日、製本家の本間あずささんを講師にお迎えして、新しい年の手帳を手作りしました。

手製本についてのレクチャーからです。

日本とヨーロッパでは本の流通のしかたが違ったので発展のしかたも違ったようです。日本の場合は版元が印刷と製本をして売っていたので個人で装丁することはなかったのですが、ヨーロッパでは印刷したものを仮綴じや未綴じで売り、買った人が職人に依頼して製本していたので、工芸的な装丁が発展していったそうです。 最近では、気に入った本を製本し直し、特別な一冊として楽しむ方もいらっしゃるそうです。

IMG_4288

レクチャーが終わり、後半のワークショップでは交差式製本の手帳をつくりました。糸で綴じて糊を使わないので開きがよいのが特徴です。

IMG_4293

まずは表紙に使う紙を2色選びます。中身はマンスリーのスケジュールページと色や質感の違う紙を組み合わせたメモページです。中身は折丁(おりちょう)と言う4枚の紙を2つに折った16ページが基本になり、今回はこれを6組で作ります。

IMG_4294

次に、表紙の紙の交差する部分をカッターで切り抜きます。コツは切り抜く角のところを目打ちで刺して切り止まりを作っておくことです。皆さん間違ったところを切りおとさないようによく確認しながら作業していました。

IMG_4322

折丁を綴じるための準備として、ページの折り目に糸を通す穴を目打ちで開けます。

IMG_4346

下準備は出来たのでここから綴じ作業です。3本ベロがでている裏表紙と折丁を1折りずつ(折丁は1折り、2折りと数えるそうです。)麻糸と針を使って綴じていきます。ページが増えていくと手帳らしくなってきました。完成までもうひといきです。

IMG_4368 

全部の折丁が綴じ終わったら、いよいよ裏表紙と表紙を組むと完成です!

組む部分は皆さんオリジナルのデザインで切り込みを入れておしゃれに仕上げました。

IMG_4397

製本の歴史から学んだことで、基本的な作り方がよく分かりました。少し技術がいるところもありましたが、本間さんの丁寧な指導で素敵な手帳ができました。自分で綴じた手帳は愛着がわきそうですね。

IMG_4411

IMG_4404

IMG_4418