©Yokohama Civic Art Gallery ©Yokohama Civic Art Gallery

堀江佑造 ほりえ ゆうぞう
《楽興》

1981年
油彩、キャンバス

2016年1月号に掲載

堀江佑造(ほりえ・ゆうぞう)は1919年横浜市中区生まれ。横浜第三中学校(現・県立緑ヶ丘高校)在学中の1932年、第10回白日会展に入選。1942年関東学院(現・関東学院大学)卒業。1949年横須賀市に移住し、1954年美術・音楽研究所を開設。1960年より一線美術会に所属し、1987年に亡くなりました。

堀江は写実を重視し、人物・風景ともによく描きました。本作品は「楽興」というタイトルの示すとおり、ピアノを演奏する女性を描いたものです。真剣な表情とともに躍動する腕の一瞬の動きを捉えており、緊張感と優美さが感じられます。人物の肌以外を背景の緑とピアノ、ドレスの黒に抑えたところに作家の画面構成に対する美意識があらわれています。

収蔵作品一覧へ戻る