morihideo ©Yokohama Civic Art Gallery

森日出夫 もり ひでお
《森の観測 赤煉瓦倉庫》

1991年
カラープリント

※2015年2月号に掲載

1947年横浜市生まれ。独学で写真を始めました。1996年ニューヨークADC賞、2001年横浜文化奨励賞など受賞、日本写真家協会に所属しています。横浜の港や街・人を撮影した作品に「森の観測」と名づけて写真集や個展の形で長年発表しています。 本作も同シリーズのものです。赤レンガ倉庫は1989年に倉庫としての役割を終え、しばらく使用されない時期がありました。その頃の撮影のためか、倉庫には一切に明かりが灯っておらず、雲が多い空を背中に黒々としたシルエットを浮かび上がらせています。 森は明け方に撮影することが多いのですが、「K LINE」(川崎汽船)のコンテナだけが朝日を受けているのか反射光が輝きを放ち、ロゴマークを浮き出させています。海面にもコンテナの姿がくっきりと映り込み、波が静かな様子がうかがえます。

横浜市民ギャラリーでの展覧会:
1992年 「よこはまの作家たち’92」
2006年 「今日の作家展2006 一丁目一番地 はまのくらし」

収蔵作品一覧へ戻る