odessa_no_matsuri ©Yokohama Civic Art Gallery

馬場檮男 ばば かしお
《オデッサの祭(水兵たちの踊り)》

1990年
油彩、紙 55.5×75.5cm

※2013年9月号に掲載

1927−1994年、東京都生まれ。1975年の神奈川版画アンデパンダン展創設に関わり、その後長期にわたって委員長をつとめるなど、版画芸術の振興に力を注ぐ一方で、多くの作品を制作しました。祝祭の一場面や、遊園地、サーカスなど非日常的なモチーフを描いた作品には、陽気なワンダーランドへと誘うような物語性と世相を風刺した作家の冷静な眼差しが混在しています。《オデッサの祭り(水兵たちの踊り)》は、横浜の姉妹都市であるオデッサ(ウクライナ:南部、黒海に面した港湾都市)の祭の様子を描いた作品です。

横浜市民ギャラリーでの展覧会:
1982年「横浜上海美術交流展」
1987年「馬場檮男自選展」
1988年「横浜上海美術交流展」
1992年「横浜コンスタンツァ美術交流展」
1993年「横浜サンディエゴ美術交流展」

収蔵作品一覧へ戻る